読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インドネシア語ってどうやって習得するんじゃああああ(2)

はい、前回に続き今回も独学でインドネシア語を習得する方法を超具体的に解説していきたいと思います。

 

文法を理解し、ある程度ボキャブラリーを覚え、そしてなんとなくインドネシア語がどういう言語か定着してきた、、、という段階の独学者が取り組むべき本です。

ある程度レベルアップしたことを前提にするため、初学者が一週間程度で早とちりして取り組むと「お、おう、、、、、。」と。沈没するのではじめに注意しておきます。

 

インドネシア楽しくなってきた人向け

 

インドネシア語学習者なら誰もが知る定番の一冊!

挨拶や主語などの超初級から手紙の書き方などの中級まで一気に到達できる万能な参考書です。練習問題の量も莫大なのでこれまでの知識の再確認に適しています。

だがしかーし、この本の解説や説明口調は超固く、古典的な教科書のよう、、、。

この本、覚悟してかからないと心折られます。

バタオネのインドネシア語講座 初級―バタオネにおまかせ

バタオネのインドネシア語講座 初級―バタオネにおまかせ

 

 

②そろそろ辞書とか使いたいわーって人向け

 

語学学習の基本かつ定番の辞書をここで紹介します。

これまでは参考書の付録などを辞書代わりに使うことで十分に学習できると想定したのですが、中級レベルになるとさすがにワカラナイ単語が続出してくると思うんです。

巷では、インドネシア語の辞書が何冊か販売されていますが、ここでも選択肢はほぼ一択です。

佐々木重次編「最新インドネシア語小辞典」です。

http://sanggar.in.coocan.jp/order/order.htm

 この辞書は書店やアマゾンでは販売されておらず、作者である佐々木重次さんのHP上で直接購入するしか方法はないです。こんなマイナーな方法なのにも関わらず、インドネシア語学習者のほぼ100%がこれを持っているという普及率!

この辞書の特徴は、派生語がひと目でわかること、そして、堅い表現以外にも、日常会話で頻繁に使用される言葉が多く掲載されているということです。私もこれまでインドネシア語で専門的な書物を翻訳する機会があったのですが、この一冊あればどんな場面にでも対応できます。

初学者から中級まで幅広く使えるのがこの辞書です。

 

インドネシア語インドネシアのことを知りたい!という人向け

 

学習が進み、インドネシア語がなんとなく読めるようになってきたころには、インドネシア語で新聞を読んでみましょう。ここで紹介するのは、インドネシア語での新聞”Tempo”です。簡単なインドネシア語なので上で紹介した二冊を有効に使うと理解できると思います。

www.tempo.co

 

今回はインドネシア語学習者初級者~中級者までの参考書を紹介しました。

次回は詳しい勉強法について解説していきます。\(^o^)/